2016年02月19日 (金) | Edit |
 平成28年1月14日の夜に、頭地地区の子供たちが集まり、もぐら打ちが行われました。
 頭地地区の小中学生が少ないこともあり、今年は保育所の園児の皆さんにも参加してもらい、総勢17人の子供たちが2班に分かれて頭地地区の各家庭を回り「ここのもぐらはあっちいけ。」の掛け声とともに玄関先を叩いて、家の人からお菓子などを頂きました。
 我が家の5歳になる息子も2回目の参加となり、貰った袋いっぱいのお菓子に満面の笑みでした。(息子は、妻と私にうま○棒を1本ずつおすそ分けし、ドヤ顔しておりました。)

011_20160213140922d2f.jpg

010_20160213140920f2a.jpg

 今年は五木駐在所の玄関前も、お願いして叩いてもらいました。
 良い子の皆さん、来年もお菓子を用意して待っていますので、駐在所にもぐら打ちに来てください。
2016年02月13日 (土) | Edit |
 平成28年1月5日に五木村消防団出初式が行われました。
 昨年は凍えるような寒さの中での出初式でしたが、今年は暖冬の影響のためか、比較的暖かい中での開催でした。
 今年も五木中央保育所の年長・年中さんによる幼年消防クラブの通常点検が行われ、その後消防団の各分団ごとに通常点検・操法競技・放水(玉落し)競技が行われました。
 消防団の皆さんは今回の競技に向けて、毎日仕事が終わった夜に訓練を積み、中には正月休み返上で、自主訓練をしている消防団の方もいらっしゃいました。
004_20160130123056f97.jpg
       法被姿のかわいい幼年消防クラブ

005_2016013012305879f.jpg
             通常点検の様子

006.jpg
             操法競技の様子

008_201601301231028b3.jpg
          放水競技の様子
 
 消防団の方々には火災の際はもちろん、行方不明者の捜索などにも出動していただいており、また、年末には一般世帯への火災予防の呼びかけや夜間警戒を行うなど、地域の安全のためにはなくてはならない存在です。
 今年も五木村の安全のため、ご協力をよろしくお願いします。

2016年01月30日 (土) | Edit |
 平成28年1月3日に五木村役場で成人式が行われました。
 五木村の今年の新成人の方は3名で、新成人の方が「将来、五木村に帰ってきて働きたい。」と希望を述べられ、人口減少に直面する五木村にとってはありがたい言葉でした。
 式典後は小八重橋へ移動して、新成人の代表1名が、記念バンジージャンプを飛ばれました。
 「新成人頑張ります。」の掛け声とともに、躊躇することのない見事なジャンプでした。
(駐在さんもそろそろ飛ぶんじゃないですかと住民の方に言われましたが、丁寧にお断りしました。高所恐怖症なんです・・・)

003_2016013011083439d.jpg

 これからは新成人がバンジージャンプを飛ぶことが、五木村の恒例行事になるかもしれません。
 来年成人式を迎える皆さん、心の準備をしておいて下さいね。
2016年01月08日 (金) | Edit |
 新年明けましておめでとうございます。
 今年も五木村のことについて、また警察活動に関する情報発信を行って参りますのでよろしくお願いします。

 1月10日が何の日かご存知ですか。
 1月10日は『110番の日』です。
 熊本県では毎年12万件を超える110番通報がなされています。
 しかしこの12万件の内、約2万件ほどが無効件数、つまりいたずら電話や急を要さない通報です。
 あくまで110番は緊急通報用の電話ですので、相談事などは警察相談電話(#9110)または最寄りの警察署に電話して下さい。
 110番をする際は
    ○ なにが・・・何があったのか(事件か事故か)
    ○ いつ・・・・・何時ころあったのか
    ○ どこで・・・発生した場所は、場所の目標は
などを話していただくと、その他必要なことについては係員がお尋ねします。
 事件や事故が起きた際、気が動転するのは当然のことですが、落ち着いて冷静に通報するよう努めて下さい。
 また、熊本県警では耳や言葉の不自由な方のためにFAX110番・メール110番を設置しています。
 FAX110番は、『096-382-2110』宛てに、メール110番は『kumamoto-police@deluxe.ocn.ne.jp』宛てに、次のことを入力し送信してください。
    ① 事案名 (交通事故、盗難被害など)
    ② 発生場所(目標となる施設、建物、バス停など)
    ③ 発生時間(たった今、5分くらい前など)
    ④ 犯人の人数、服装、逃走方向、車の色・型・ナンバーなど
    ⑤ あなたの住所、氏名、電話番号(携帯電話)、ケガの有無など
 なお、ご使用の電話代等は有料となりますし、メールは電波状況等により必ずしも受信できるとは限りません。
 受理したら必ず返信しますので、メールが届いたかを確認して下さい。
 皆様の正しい110番の利用をよろしくお願いします。
 ちなみに五木村管内の平成27年中の110番件数は12件でした。
 今年も平和な1年になるよう活動して参ります。
2015年12月16日 (水) | Edit |
 平成27年11月27日に五木村の標高の高い山では初冠雪となりました。
 村民の方によると、標高の高い端海野地区では5センチほど積雪していたそうです。

IMGP0001[1]

 冬の時期は道路の状況がどうなのか知りたい方が多いと思います。
 そのような時は五木村役場のホームページにある『防災カメラマップ』をご覧頂くと、村内9ヶ所に設置してある情報カメラにより、直近の道路状況を確認することが出来ます。
 特に大通峠付近は積雪することが多く、冬季はチェーン規制が掛かりますので、県道25号を通る際はこの映像を確認するととても便利です。
 冬本番になり、積雪や路面凍結することが多くなります。
 路面に積雪や凍結が認められた場合は
      ○ 速度を出しすぎない
      ○ 車間距離を十分にとる
      ○ 「急」の付く運転はしない(急ハンドル、急ブレーキ、急発進など)
ことにつとめていただき、安全運転を心掛けて下さい。
 また、スタッドレスタイヤやチェーンの早めの準備をお願いします。
2015年11月26日 (木) | Edit |
 国道445号は人吉市と五木村を結ぶ大動脈ですが、この国道445号上にある瀬目トンネルが平成27年11月24日午前10時から平成29年9月末(予定)間での間、全面通行止めとなります。

IMGP0044[1]

 これは瀬目トンネルの再掘削工事に伴う全面通行止めで、この期間は川辺川の対岸にある迂回路をご利用下さい。
 この迂回路には9ヶ所の待機所が設けられ、車両の離合がしやすいように工事が行われました。
 しかし、道路自体が狭くカーブも多いことから、五木村へお越しの際は速度を抑えて安全運転でお願いします。
2015年05月09日 (土) | Edit |
 平成27年4月18日に五木村中央保育所、平成27年4月22日に五木東小学校において交通安全教室が行われました。
 五木村中央保育所の交通安全教室では、園児の保護者も参加して、横断歩道の安全な渡り方について学びました。

IMGP0029.jpg
          五木東小学校の交通安全教室の様子

 熊本県内では歩行者の死亡事故が多く、特に道路横断中の死亡事故がその大半を占めています。
 園児や児童だけでなく、高齢者の方も道路を横断する際は
      ○ 横断歩道を渡る
      ○ 左右の安全確認を確実に行う
ことを心掛けて下さい。
 また、小さなお子さんがいらっしゃる方は、チャイルドシートの利用徹底をお願いします。
2015年04月17日 (金) | Edit |
 平成27年3月29日に、五木村の南地区で徘徊者捜索模擬訓練が行われました。
 この訓練に先立ち、病院の先生から、認知症とはどのようなものか、また認知症の方への接し方について講演が行われました。
 講演された先生によると、認知症の方に声掛けをする際は
      ○ 相手の視界に入ってから近づいたり、話しかけること
      ○ 相手のペースにあわせ、ゆったり穏やかに、笑顔で話しかけること
      ○ 怒らず、説得せず、抑えこまずに、しばらく見守ること
が重要だそうです。
IMGP0021[1]
               講演会の様子

 講演の後は、認知症の老人が集落を徘徊しているという想定のもと、住民の方々で捜索を行って発見し、声掛けをして保護する訓練を行いました。
 声掛けでは、講演の成果を十分に生かし、ゆっくり優しく話しかけ、上手に対応されていました。

IMGP0023[1]
               声掛け訓練の様子
 
 認知症の中には
        ○ 治療可能なものがある
        ○ 進行を遅らせる薬がある
とのことで、その他の病気と同様に早期発見・早期受診が大事だそうです。
 認知症に関する悩みや心配事がある方は、熊本県内に10ヶ所ある認知症疾患医療センターや、各自治体の地域包括支援センターにご相談下さい。
2015年03月19日 (木) | Edit |
 平成27年3月8日の午前9時から、五木村の頭地、掛橋、高野、元井谷、九折瀬、八原地区の住民を対象とした避難訓練が行われました。
 この避難訓練は、大雨による土砂災害を想定し、避難勧告により頭地地区伝承館へ1次非難し、避難指示により五木東小学校へ2次避難するというもので、住民の皆さんはそれぞれ非常持出袋を背負い、避難しました。
 五木村は大雨による土砂災害が発生しやすく、数年前には家屋が倒壊したり、道路が寸断され孤立した地区があります。
 平時からこのような訓練を行い、非常時の避難先や避難経路、避難の方法等について確認しておくことが重要です。

IMGP0034.jpg
             五木東小学校への避難の状況

IMGP0033.jpg
        頭地地区伝承館から五木東小学校への避難の状況

 五木東小学校に到着してからは、消防署員による消火器の使用方法・AEDの使用方法についての講和が行われ、とても有意義な避難訓練でした。
 いつ何時、このような災害が発生するか分かりませんので、各家庭でも非常持出袋を用意し、家族で避難の方法について確認しあい、万が一の場合に備えていただきたいと思います。
2015年03月13日 (金) | Edit |
 3月1日から五木村でバンジージャンプが始まりました。
 五木村のバンジージャンプは、西日本では唯一の橋から飛ぶブリッジバンジージャンプで、さらに一年を通じて利用できるブリッジバンジージャンプは全国初だそうです。
 2月28日にそのプレオープンイベントがあり、私も見学に行きました。
 プレオープンイベントでは10名の勇敢な挑戦者が、77メートル下の清流川辺川へ向けジャンプしました。

IMGP0023.jpg
     五木村の野々脇地区にある銀杏橋


IMGP0020.jpg
     銀杏橋からの眺め(足がすくむ高さです。)

 バンジージャンプは、今は五木村野々脇地区にある銀杏橋で行われていますが、五木村頭地地区にある小八重橋の整備が整い次第、そちらで実施されることになります。
 バンジージャンプでいい汗(冷や汗?)をかいたあとは、近くに温泉施設などもありますので、風光明媚な五木村の観光を堪能して頂きたいと思います。
 車でお越しの際は、速度の出し過ぎや、鹿や猿などの野生動物の急な飛び出しにも注意して頂き、安全運転でお願いします。