2011年09月09日 (金) | Edit |
 五木村内には、鳥獣類慰霊、愛犬の碑があります。
 五木村は、猿、鹿、猪といった野生動物と共存しており、年に決められた頭数の駆除が行われています。
 また、動物の駆除の際、犬が死んでしまうケースもあるということでした。
 そのような、動物を慰霊するため、石碑が建てられています。

 IMGP0357[1]
  
 先日、夜間に国道をパトロールしていると角の生えた雄の鹿と遭遇しました。
 この鹿は、パトカーの前でしばらくの間、留まっていました。
 夜間、速度を出して、車を運転すると、野生の動物と交通事故を起こしてしまいます。
 以前、鹿を轢いた方は、軽トラックが大破したと聞いています。
 歩行者だけではなく、動物に注意して、車の運転をするようにお願いします。
 動物が出そうなところには、動物注意の標識がありますので、標識を心がけて見て安全運転をしましょう。




 
テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可