2011年06月01日 (水) | Edit |
 新緑の季節を迎え、多くの登山者が五木村に来ています。山頂まで登ると、とても綺麗な景色を眺めることが出来ます。しかしながら、毎年、登山者が山岳で遭難することも発生しています。山岳遭難を防止するためにも次の点に注意しましょう。

○ 登山届は提出しましたか。
  警察署等に提出するか、熊本県警察のホームページで登録をして下さい。
  また、登山記帳箱に氏名や連絡先を書いた紙を入れておきましょう。
○ 単独登山はできるだけ避けましょう。
○ 気象予報はチェックしましたか。
○ 食料、着替えや防寒着は用意していますか。
○ 携帯電話等の連絡手段は形態していますか。
○ 地図やコンパスは準備できていますか。

 登山で事故なく、楽しむためにも宜しくお願いします。
 五木村の仰烏帽子山の登山口の状況を撮影した写真を掲載します。

 IMGP0200[1]

 また、山々では珍しい植物を見つけることができます。しかしながら、毎年、心なき人が植物を持ち帰る事案が発生しています。盗掘は立派な犯罪です。多くの人が見れるように、そっとしておきましょう。
 先日、五木村頭地の墓地から被害者が大切にしていた花瓶などが盗まれる窃盗事件が発生しました。盗んだ犯人を見たなどの情報をお持ちの方は、五木駐在所までご連絡を下さい。
テーマ:伝えたい事
ジャンル:ブログ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可