2015年03月19日 (木) | Edit |
 平成27年3月8日の午前9時から、五木村の頭地、掛橋、高野、元井谷、九折瀬、八原地区の住民を対象とした避難訓練が行われました。
 この避難訓練は、大雨による土砂災害を想定し、避難勧告により頭地地区伝承館へ1次非難し、避難指示により五木東小学校へ2次避難するというもので、住民の皆さんはそれぞれ非常持出袋を背負い、避難しました。
 五木村は大雨による土砂災害が発生しやすく、数年前には家屋が倒壊したり、道路が寸断され孤立した地区があります。
 平時からこのような訓練を行い、非常時の避難先や避難経路、避難の方法等について確認しておくことが重要です。

IMGP0034.jpg
             五木東小学校への避難の状況

IMGP0033.jpg
        頭地地区伝承館から五木東小学校への避難の状況

 五木東小学校に到着してからは、消防署員による消火器の使用方法・AEDの使用方法についての講和が行われ、とても有意義な避難訓練でした。
 いつ何時、このような災害が発生するか分かりませんので、各家庭でも非常持出袋を用意し、家族で避難の方法について確認しあい、万が一の場合に備えていただきたいと思います。
2015年03月13日 (金) | Edit |
 3月1日から五木村でバンジージャンプが始まりました。
 五木村のバンジージャンプは、西日本では唯一の橋から飛ぶブリッジバンジージャンプで、さらに一年を通じて利用できるブリッジバンジージャンプは全国初だそうです。
 2月28日にそのプレオープンイベントがあり、私も見学に行きました。
 プレオープンイベントでは10名の勇敢な挑戦者が、77メートル下の清流川辺川へ向けジャンプしました。

IMGP0023.jpg
     五木村の野々脇地区にある銀杏橋


IMGP0020.jpg
     銀杏橋からの眺め(足がすくむ高さです。)

 バンジージャンプは、今は五木村野々脇地区にある銀杏橋で行われていますが、五木村頭地地区にある小八重橋の整備が整い次第、そちらで実施されることになります。
 バンジージャンプでいい汗(冷や汗?)をかいたあとは、近くに温泉施設などもありますので、風光明媚な五木村の観光を堪能して頂きたいと思います。
 車でお越しの際は、速度の出し過ぎや、鹿や猿などの野生動物の急な飛び出しにも注意して頂き、安全運転でお願いします。